信州田舎暮らし

里の家と山の家 こんなところが違ってきます。

諏訪地域周辺の里の家

基 礎:
冬は寒さが厳しい為、地面が凍ってしまいます。その為凍らない深さ(凍結深度)まで、基礎を深く造る必要があります。基礎が浅いと建物が歪んでしまう事があるので注意が必要です。
屋 根:
積雪はあまり多くない諏訪地域の一般住宅では、屋根に積もった雪が軒下に落ちる危険を防ぐ為、屋根に「雪止め」という器具を取り付けます。
断 熱:
冬の寒さが厳しい諏訪地域では家の断熱は欠かせません。家を隙間なくすっぽりと断熱で包むことはもちろんですが、窓をペアガラスにしたり2重サッシや断熱性の高いサッシを採用し、冷気が家の中に伝わらないようにします。
暖 房:
夏は比較的過ごしやすい諏訪地域ですが、冬の寒さ対策は重要です。冬も快適に過ごす為に家全体での暖房計画をお奨めします。
水 道:
冬は水道が凍る恐れがある為、水道には凍結防止帯という電熱線を巻き付けます。これにより水道が凍る心配はなくなりますが、その分電気代が掛かります。最近では節電型のものや、凍結防止帯をほとんど使わない家もあります。

山の家

屋  根:
標高の高い場所では、雪も深く積もるので雪止めは付けずに屋根から落ちるようにします。(雪落としまでは必要ありません)その為、屋根材 は耐候性も高く雪が滑りやすいガルバリウム鋼板がお奨めです。また、屋根の形にも注意が必要で、通路やベランダに雪が落ちないように配慮します。
雨  樋:
森林の中の住宅は樹木が生い茂り、秋には枯れ葉が屋根にたくさん落ちて雨樋を詰まらせてしまうので、そのような場所では雨樋は取り付けません。その分軒の出を深くして、建物に雨のはね返りがかからないよう工夫します。
水抜き:
冬期に住宅を使用しない、あるいは長期留守にする場合、家の水道水が凍ってしまう恐れがあるので、水抜きをする必要があります。別荘であれば管理会社に管理を依頼することをお奨めします。
浄化槽:
下水が整備されていない地域では、合併浄化槽を設置します。茅野市等の市町村では合併浄化槽の設置工事に対して補助金があります。

信州田舎暮らしのメニュー

宮沢工務店